- 手首肘の痛み・腱鞘炎

手首肘の痛み・腱鞘炎

手首や指を動かすと痛い、コップを持つのが辛い、箸を持つのが辛い、指が曲がらない、指がしびれる、腫れているなどの症状が考えられます。
場合によっては、手術を受けなければいけない等と診断されたり、固まって手首や指が思うように動かせなくなってしまう場合もあるので、早めに治す必要があります。

痛みの原因は、一般的には使いすぎや酷使のし過ぎだと言われますが、首、肩の筋骨格の固さやズレなどで痛みが出る場合も多くあります。

日々のパソコン仕事やピアノ、バイオリン、ギター奏者、テニス、ゴルフ、野球など手首や肘、指を毎日酷使したり、赤ちゃんを抱っこしたり長時間、手首肘指を使い続ける事が多い方が腱鞘炎になりやすいと言われています。

手首肘痛は、大きく分けて内側(親指側)が痛むか、外側(小指側)が痛むかに分かれます。ドゲルバン腱鞘炎という手首の親指側の腱鞘と腱のあいだで炎症が起こる場合と、マウス腱鞘炎という小指側に炎症が起きる場合があります。

ばね指と呼ばれる指を曲げる筋肉(屈筋)の腱に炎症が起こるのも腱鞘炎の特徴で良くあります。親指に症状が出ることが多いですが、時には中指や薬指にも症状は発症します。

いずれの手首肘指痛、腱鞘炎の予防には、酷使しすぎない事と体全体の柔軟性を保っておくことが重要です。
ばね指や肘痛でも、疲労や酷使しすぎによる症状などは、当院で行う施術で全身の柔軟性を戻し、関係関節を調整する事で直ぐに症状が改善する場合が多々あります。
慢性的に症状が悪化する前に、早めの改善を心掛けましょう。


アクセス情報

所在地

〒251-0055
神奈川県藤沢市南藤沢20-2 6F

駐車場

〒251-0055
近隣のコインパーキングをご利用ください

休診日

無休(夏季、冬季休業あり)