- 頭痛・めまい・不眠症

頭痛

頭痛と一言でいってもいくつかの種類があり、注意しなければいけません。
偏頭痛・群発頭痛・緊張性頭痛と呼ばれる【機能性頭痛・慢性頭痛】があります。

他にも、脳出血やくも膜下出血、硬膜下血種、脳腫瘍、髄膜炎などは、頭痛とともに、吐き気でろれつが回らない、手足が麻痺したり、尿失禁、バットでで殴られたような痛みなど危険な頭痛もありますので、ひどい頭痛の場合には病院できちんと検査を受けられた報が良いでしょう。

病院で問題なく薬を処方されても良くならない場合は、機能性・慢性頭痛の可能性が考えられます。最近は、花粉症が原因で頭痛が起こるともいわれています。
疲労が蓄積し血行不良になったり、首肩ふくらはぎなどが硬くなり血液循環、脳への酸素供給を妨げている場合があります。
また、骨盤、胸椎、頸椎のズレも頭痛を引き起こす大きな原因になります。

病院検査で異常が無く、薬も聞かないで、原因不明の頭痛にお悩みの方は、当院に一度ご相談下さい。

めまい

めまいの原因は、数多くあります。

重症でない場合もあれば、危険な場合もありますので、頻繁にめまいを感じる場合や、体に不自由さがあるような場合は、十分に注意が必要です。
脳神経外科、耳鼻科などで検査をして、脳、内耳、中耳、三半器官に異常がない場合の多くは、自律神経失調症や、額関節の歪み、胸椎(背中の硬さ)、肩こりや首の歪みなどの原因が多くあります。
体には無数の血管があり、その中を血液や酸素がながれています。

このうち椎骨動脈は、首の中を通っており、首の骨(頸椎)が歪むと椎骨動脈もねじれて、血流が不安定になりめまいがおこることがあります。
医療機関で異常が無く原因不明の場合は全身の筋骨格バランスを整えることや疲労除去などが必要になってきます。

不眠症

不眠症とは、なかなか寝つけない、寝てもすぐ目がさめてしまう、朝早くに目覚める、眠りが浅くて、昼間ねむくなるなどの症状があります。
この症状が続き、注意力が散漫になったり、疲労やさまざまな体調不良が起きて日常生活に支障をきたす状態を指します。

時には、睡眠薬を服用しなければ眠れないという方も多くいらっしゃいます。
不眠症のタイプは4タイプに分けられます。

  • 入眠困難・・・寝付きが悪くなかなか眠れない(30分~1時間以上)
  • 中途覚醒・・・寝ている最中、夜中に何度も目が覚める
  • 早朝覚醒・・・起きたい時間よりも早く朝、目が覚めてしまう
  • 熟眠障害・・・長時間寝た割に、熟睡した気がしない

不眠の原因

原因は、自律神経のバランスが乱れ、交感神経が眠る時間帯に働き続けてしまうことが挙げられます。
通常夜になると、副交感神経が優位になり、リラックスし、安心した状態になり眠りにつきます。

しかし、交感神経が優位になると興奮状態になり、神経が高ぶり不眠症の症状が起きてしまいます。
疲労やストレス、全身の筋骨格バランスを崩していると自律神経の乱れに繋がります。

当院では疲労を回復する事や全身の筋骨格のバランスを整えることにより多くの改善が見られます。


アクセス情報

所在地

〒251-0055
神奈川県藤沢市南藤沢20-2 6F

駐車場

〒251-0055
近隣のコインパーキングをご利用ください

休診日

無休(夏季、冬季休業あり)